FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育資金の一括贈与が出来るようになりました。

子供とえんぴつ
ムシムシとした日が続いていますが、どのようにお過ごしですか?

今日は、教育資金の一括贈与にかかわるお話です。

平成25年の税制改正により、平成25年4月1日から平成27年12月31日
までの間に、祖父母や父母から子や孫(30歳未満に限ります)
に教育資金を一括で贈与する場合、子や孫等ごとに1,500万円
までを非課税とする措置が創設されました。
(学校等以外の者に支払われる金銭については500万円を限度)

上記を利用される方は、まず
①贈与する祖父母等(贈与者)は金融機関に子や孫(受贈者)
 名義の口座を開設し、教育資金を一括して拠出します。
 金融機関は、信託銀行を含む信託会社・銀行・
 第一種金融商品取引会社)が対象です。

 受贈者である方は、金融機関を通じて、「教育資金非課税
 申告書」を納税地の所轄税務署長へ提出します。

②教育資金を受贈者の口座から払い出す場合は、
 教育資金として利用したことを確認するために、
 学校などから領収書を発行してもら、金融機関へ
 提出します。

③受贈者が30歳に達した日等にその口座は終了となります。
 もし残額が残っていれば、その残額に対して贈与税が
 課されます。

では、非課税の対象となる「教育資金」とは具体的に
どのようなものなのでしょうか?

1つとして、学校などに直接支払われるものが対象です。
例えば、
①入学金・授業料・入園料・保育料・施設整備費・
入学資金の検定料 や
②学用品費・修学旅行費・学校給食費など、学校教育
における必要経費など

学校等以外に対して直接支払われるものとしては、
①教育活動の指導の対価(月謝・謝礼・入会金など)
として支払う費用や施設使用料、またこれらの
指導を行う者を通じて購入する、この活動で使用する
物品の費用を指します。
(例えば、学習塾・家庭教師・そろばん
     スイミングスクール・野球チームの指導
     ピアノの個人指導・絵画教室 バレエ教室 
     書道・茶道   など)

うまく活用したいものですね。

オフショアファンド オフショア投資のオフショアマッチング
マネースクール ウィズダム
    

プロフィール

森口 恵美

Author:森口 恵美
こんにちは マネースクール ウィズダムで講師をしています

マネースクール ウィズダム

現在は、「ふるさと納税の活用法」や「楽しくできる節約術」、また海外の楽しく役立つ情報などを、ブログにて掲載しております。

ふるさと納税について、詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。
辛口女子のふるさと納税おすすめサイト

また最近では、お子様とお母様に向けてのマネー教室なども開催しています。
分かりやすく楽しいスクールだと好評もいただいております。
開催のスケジュール等はトップページ、あるいはブログにてお知らせいたします。

お気軽にご参加くださいね。
お問合せはこちらから

最新トラックバック

フリーエリア

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。