FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NISAについてのQ&A

さて、先日ご紹介しました「NISA」ですが、
NISAについて質問が多い内容をまとめてみましたので
ご参考ください。

①そもそも「NISA」とは?

→2014年1月からスタートする小額投資非課税制度のこと。
 口座手続きは2013年10月から受付開始している。
 
 金融機関で専用の口座を開設し、口座内で購入した
 上場株式の配当金や株式投資信託の分配金、それらの
 商品をNISA口座で売却した場合に発生する譲渡益が、
 5年間非課税になる制度。元本は100万円が上限。
 年齢制限は、その年の1月1日で20歳以上であれば、
 誰でも口座を開設できる。

②現在運用中の株式や投資信託を、NISAの口座に移せますか?

→現在運用中の株式や投資信託などを、そのまま
 NISA口座に移すことは出来ない。NISA口座に入れられる
 金融商品は、新規にNISAの口座から購入した金融商品に
 限られる。

 ただし、NISA口座で購入した商品を5年間保有し、
 非課税期間が終了した後は、100万円を上限とし、
 翌年分の非課税枠に移管することが出来る。

③NISA口座で積立型の投資信託を購入できるか?

→口座を開設した金融機関で扱っていれば、購入できる。
 ただし、各金融機関が積み立て型の商品を販売するか
 どうかは、各金融機関にゆだねられているので、確認
 が必要。

④NISAの口座は複数持てるか?

→すべての金融機関を通じて、開設は一人一口座のみ。

⑤他の特定口座と一般口座との損益通算はできますか。

→現在のところ、他の特定口座・一般口座との損益通算
 はできないが、将来的には課税免除の対象が広がる
 可能性もあるので、今後の動向に注目したい。

⑥NISAで購入できる商品は?

→上場株式と株式投資信託のみ。
 ETFやREITも購入できる。
 注意していただきたいのは、年間100万円まで、と、
 投資上限額がきまっているため(年間100万円)
 100万円をこえた分については、翌年までまたなけれ
 ばならない。

⑦非課税期間の終了後はどうなるのか?

→顧客からの申し出がない限り、特定口座の課税口座に
 移管される。もし申し出があった場合、5年の非課税期間
 終了時の評価額(100万円まで)を、翌年の新たな
 NISAに繰り越すことは可能である。

・・・いかがでしょう?
ご理解を深めていただけましたか?

有効にこの制度を使えるかどうかは、お客様一人ひとりで
違ってくると思われます。
ご興味ある方は、一度FPにご相談されることも
ご提案いたします。

オフショアファンド オフショア投資のオフショアマッチング
マネースクール ウィズダム 
 

 

プロフィール

森口 恵美

Author:森口 恵美
こんにちは マネースクール ウィズダムで講師をしています

マネースクール ウィズダム

現在は、「ふるさと納税の活用法」や「楽しくできる節約術」、また海外の楽しく役立つ情報などを、ブログにて掲載しております。

ふるさと納税について、詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。
辛口女子のふるさと納税おすすめサイト

また最近では、お子様とお母様に向けてのマネー教室なども開催しています。
分かりやすく楽しいスクールだと好評もいただいております。
開催のスケジュール等はトップページ、あるいはブログにてお知らせいたします。

お気軽にご参加くださいね。
お問合せはこちらから

最新トラックバック

フリーエリア

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。